色々知りたい法律事務所

2014/10/1 更新

法律事務所への就職

色々知りたい法律事務所TOP>法律事務所への就職

法律事務所は法律に関わる専門的・知的なイメージの仕事内容の為か、女性にも人気のある職業です。法律事務所の仕事は、前向きにこなしていけば女性が誇りをもって一生続けられる専門職でもあると思います。それだけに就職の倍率も結構高く人気もあるようです。

このページでは法律事務所に就職を希望する場合の準備しておきたいポイントを紹介していきます。次に紹介することを参考にしっかり準備をしてみて下さい。基本的なことですが、役に立つと思います。

自己を分析する

どこの場面でも必要な事ですが、自分という人間を知って、それを正確に的確に他人に伝えることができるようにするという事です。

「あなたの長所や短所は何ですか。あなたの強みは何ですか。どうしてそう思いますか。その強みはどこから育まれてきたのですか」 面接官はあなたという人間をできるだけ見て知ろうとします。どんな質問にも自分らしく答えられるようにしておくと良いでしょう。

この自己分析は、すべての の基礎になりますからしっかりとやっておきましょう。

情報を集める

法律事務所への就職を希望するのなら、その法律事務所の情報をできるだけ集めておきましょう。

直接の上司になるかもしれない弁護士はどんな人達か、職場になる法律事務はどんな所か、どんな雰囲気の職場か、労働条件はどうなっているか、どんな仕事をしているのか、どんな仕事をしてきたか。自分の中のイメージだけではなく、事前にできるだけ正確な情報を集めて、そこでどんな仕事がしたいのか、働き甲斐や生き甲斐が実現できそうかをじっくり考えてみましょう。

書類を準備する

履歴書・職務経歴書・添状、この三つを応募三点セットといいます。

この応募三点セットは求職者が就職のための試験を受けるために自宅で書く「答案」だと思いましょう。

採用する側はこの書類をたよりに採点して高得点を得た人達だけを選んで面接するのです。そうだとすれば、どういうふうに書いたら高得点がつくのかを自分なりに研究して書いてみましょう。

面接

法律事務所側も、求人広告を出す段階で、すでにどういう人が自分の法律事務所に欲しいか具体的なイメージを持っています。誰でも構わないから、とりあえず面接という訳ではもちろんありません。

だとすれば、どういう条件の人材を求めているのか情報を集めてみましょう。自己分析をした現在の自分と比較してみて何が足りないのかを明確にしておきましょう。面接の日までにこの足りない部分をどう補ったり準備するのか、これが求職者にとっての面接の意味なのです。

面接当日のやり取りに関しては、法律事務所側が期待している条件を備えているかどうかをチェックしているだけに過ぎません。

pickup

プチギフト お菓子

2017/9/1 更新